読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

速読の本 読書感想文

速読の本を読んだ。

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

速読って聞くとすごい早く読めて、理解できて、記憶力が上がってというようなステレオタイプなイメージがあった。

 

速読のテクニックも大事だけど、それよりも自分の中にある知識のストックが大事なんだと。

 

ストックがあるとすらすら読めるから早く読める。

早く読んで何回も読んでストックをためましょうという内容。

 

本は人によって理解できるレベルが違うから今の自分にはこんな風に読めた。

 

テクニックとして紹介されているのは音を出さないということ。

できないんだよなあ。

 

作者の人は速読にすごい情熱をもっているのを感じ取れた。

速読のメリットを本当に経験している人なんだと思う。

 

おもしろかった。