読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父永眠

日記

2016年2月15日メキシコ時間午前1時

携帯が鳴る。
アラームかと思って見たら電話。
妻から?
こんな時間になんや?
えっ父危篤??
寝ぼけたまま、事態を飲み込み、取り敢えず姉に連絡。
えっ父死亡??
会社に連絡。
帰国出来ないかとは思いますが→うーん難しいね
ふて寝(涙)
会社から連絡→帰れるよ!
急いで準備、引き継ぎ
空港まで一時間半、間に合うか?
ギリ飛行機に間に合う
アメリカでトランジットトゥジャパン!と言う
日本に向かう飛行機で悲しくて泣く
 

2016年2月16日 日本時間午後8時到着

実家に直で戻る
泣く
 

2016年2月17日

遺体と会う
泣く
通夜
泣く
 

2016年2月18日

告別式葬式
泣く
火葬場
泣かない
初七日
泣かない
 

2016年2月19~24日

色んな手続き
泣かない
明日メキシコに戻る
泣きそう
 
死ぬ前は色んな文句があったけど死んでしまったら何も言えず良い記憶ばかり。
生きてる間も良い記憶ばかり思っておけたら良かったのにと今は思う。
ゆっくり休んでくれ。
 
おれは取り敢えずメキシコへ。
仕事は色んな人に迷惑をかけて、世話になってしまった。
だが今、モチベは低い。
 
最初は泣く暇があったけど、あとは手続きやらなんやらで泣く暇無し。
 
そして今、時差ボケで眠い。