読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間がない(自分が勝手気ままに使える時間がない)

 「時間がないと口にするやつは、時間の使い方が下手くそなヤツだ」

よく聞くこのワードだが、まさに当てはまる人間がここにいる。

 

読書する時間がない!

 

前は、本はサクサク読みたいと思っていた。

今は、ゆっくり読みたいと思うようになった。

同じ金を出すならじっくりと堪能したいという貧乏性。

 

今子供が1歳半なので子供の世話をする必要がある。

着替え・おむつ替え・一緒に遊ぶ・ご飯をあげる・洗い物をする・風呂掃除をするなどなど

一見すると子供の世話っぽくないことも行う必要がある。

 

仕事から帰ってきて、ご飯を食べて、子供と遊んで、風呂入って

寝る前にちょっと本を読む。

 

これを書いてて思ったけれど、この生活はめちゃくちゃ幸せだ!

 

時間が無くても幸せだぁ~

 

愚痴を書くつもりだったが、自分の幸せを再認識してしまった。

 

ありがとう、はてなブログ

思い通りにならない子供。

昨日、子供と散歩に行った。

早朝だったので少し肌寒く、空気が澄んでいる気がした。

落ちている葉っぱや、木の実などを興味深そうにつまんでいる姿をみて胸の奥のほうがポカポカしてくる感覚が湧いてきた。

よちよち歩きながら気になるものがあったらしゃがんで、拙い言葉で何かを伝えてくる。

伝えたい事が何なのかよくわからないのだけれど、その様子を見ているだけで幸せな気分になる。

 

こういう時の子供はまさに天使という名前がぴったりで、抱きしめて愛情を注ぎたくなる。

 

天使モードの時ばかりなら何の問題もない。

しかし悪魔モードだいたい悪魔モードのときのほうが多い。

 

悪魔モードとは、自分がやらなくてはならない物事に対して、いちいち邪魔してくるモードのこと。ようは思い通りにならない時のこと。

 

子供が思い通りにならない時に、ついつい腹を立ててしまったり、知らんぷりしてしまったりするが、その自分の感情に振り回されてはいけないと常々思っている。

思っているだけで振り回されている。

 

子供は子供でやりたいことがある。したいことがある。

 

しかし、やらなくてはならないことはある。

そうして生まれる思い。

 

「なぜ思い通りに動かないのか」

「なぜ自分が我慢しなくてはならないのか」

「なぜ振り回されなくてはならないのか」

 

基本的に自分には、思い通りに他人を動かしたいというエゴがある。

思い通りに動かない子供に対して思い通りに動かしたい自分の意志。

これがイライラを生む。

 

自分でコントロール出来るのは自分の内面と行動のみ。これをいろいろな本で読んだ。

実際にその通りで、みながみな、自分のやりたいようにしている。

だから子供が思い通りに動くなど無理なことだ。

ここまでは理解しているつもりだ。

 

だが、やるべきことは遅々として進まなくなる。

今はこのギャップに挟まれているところ。

 

良い解決方法はないものか、などと考えながら今日も眠る。

読書記録 2016年10月

ブログに読んだ本をまとめようと思っていたが、自分の中にある感想を文字にする作業が予想以上に難しく、諦めた。(諦めるのが早い方)

 

そこで読書メーターに自分の備忘録を兼ねて感想とすることにした。

2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3274ページ
ナイス数:13ナイス

あきらめない心: 心臓外科医は命をつなぐ (新潮文庫)あきらめない心: 心臓外科医は命をつなぐ (新潮文庫)感想
天才心臓外科医としてテレビで見たことがあった。 もともと手先は器用だったようだが、それよりも手術に対するモチベーション、自己向上心がとても高い人のようだ。 その向上心はどこから?患者の命がかかっていて、自分だけがやれる、その自負がその向上心に繋がっている。 一流の人は向上心が桁違いなんだと思い知らされた。
読了日:10月28日 著者:天野篤


オーバーロード2 漆黒の戦士オーバーロード2 漆黒の戦士感想
クレモンティーヌのセリフがアニメで聞きとれなかったが、ようやく理解できた。 ジンゴイ!って聞こえたんだけど人外だった。 これはアニメを見てた人ならわかるはず!! あとは敵の坊主の生き様がちょっと悲しい。
読了日:10月27日 著者:丸山くがね


オーバーロード1 不死者の王オーバーロード1 不死者の王感想
アニメが面白くて興味があったので読んでみた。 アニメとセリフが微妙に違っていて、アニメにはアニメの良さが、本には本の良さがあるなと感じた。 一番驚いたのは本の外装。カッコ良すぎ。 本の紙ももう少しいい紙だったらさらに感動したがそれは求めすぎかな? 挿絵が思ったよりなくて、アニメ見てなかったらうまく想像できなかったかも。 早く二巻を買ってこようと思う。
読了日:10月22日 著者:丸山くがね


なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略 (幻冬舎新書)なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略 (幻冬舎新書)感想
少し夫婦の形が固定的であると感じたが内容は面白かった。 妻の話を聞くときに同意のみを行う、意見を言わないといところが一番参考になった。
読了日:10月21日 著者:石蔵文信

 


完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)感想
自分の感情をこんなにも俯瞰して見れる人がいたのかと、面白くて一気読みしてしまった。 読み進んでいくと時間がたってトゲトゲしい面白さがなくなり、達観したような感じになる。 自分が過去に憧れていたものに対しての捉え方がまた面白い。
読了日:10月20日 著者:若林正恭


男子の貞操: 僕らの性は、僕らが語る (ちくま新書 1067)男子の貞操: 僕らの性は、僕らが語る (ちくま新書 1067)感想
性欲とか性的指向ってなんだろうかという疑問に対して自分の性的指向が政府の規制によって作られているという見解を与えてくれる。 それとプラスしてセックスは一つのコミュニケーションであり、それ自体は目的ではないと、そう書いてある。 高校生くらいの時に読むとより一層効果的な感じがする。
読了日:10月20日 著者:坂爪真吾


猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)感想
文庫版?を読んだ。(他のバージョンがあるのかはわからない) 小さい本に文字がびっしり、1ページの重みがすごくて読み応えがあった。 自分で想像しているより南方熊楠はすさまじい人だったということがわかった。
読了日:10月18日 著者:水木しげる


私はゲゲゲ  神秘家水木しげる伝 (角川文庫)私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝 (角川文庫)感想
一生が淡々と語られていて面白かった。 若い頃は貸本(貸しマンガ?)で、相当に苦しい生活だったみたい。 霊的なものなんてまったく信じていなかったけれど、見えないだけでいるのかなと思わされた。
読了日:10月18日 著者:水木しげる

 


水木しげるのラバウル戦記水木しげるのラバウル戦記感想
水木しげるの食べ物に関してのレビューが何年前だってくらい詳しくて、面白い。 あとはビンタレビュー。ビンタに対する表現、もらう理由が面白くて理不尽。 漫画だと思っていたら各ページ絵が一枚に文章がついてる絵日記のような形式だった。
読了日:10月13日 著者:水木しげる


わたしの日々 (ビッグコミックススペシャル)わたしの日々 (ビッグコミックススペシャル)感想
何を期待したのかわからないが、読んでみた。 よく食べて、よく眠って。 こんなおじいちゃんがいたらかわいいなと思ってしまった。
読了日:10月13日 著者:水木しげる

 

 


子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。感想
この本は人を選ぶと思う。 上から目線に感じて、あまり気持ちよく読めなかった。
読了日:10月10日 著者:池川明

 

 



読書メーター

 

読書感想文 人間失格 太宰治

人間失格読んだ感想。

人と仲良くなりたいけれど、人が怖くてたまらない主人公の葉蔵が色々と頑張るけれど最後は…という話。

 

初めはこんな人いないだろって読んでいたが、読み進めていくと、それは自分の中にもある感覚で、人と仲良くなりたいが人を怖いと思う、きっと誰の中にでもある、そんなふうに思わされる。

自分のことを正直に言えないばっかりに溜め込んでいて、主人公のことが可哀想になってくる。

が、まったく戦わないその姿勢にイライラもさせられる。それプラスに人を馬鹿にしているようなニュアンスがある。

イライラさせられる時点でもう自分の中にある、恐れる気持ちがあることを知らしめてくれる。

内縁の妻が犯されるシーンがあるのだが、もう完璧に戦いを放棄して、とにかく逃げの一手。

ここはさすがにがっかりして、酒ばっかり飲んでどうしようもないクズ、そうレッテル貼りをした。

最終的に廃人となって、これが人生であると。

可哀想過ぎる。小説でよかったと思える。

 

久々に小説を読んだが、感情が揺り動かされてとても面白かった。

自分の中にある、人を怖れる感覚、さらけ出せない心情に気づかせてくれてありがとう、そう思った。

台風バカヤローおめーこのやろータイミングわりーんだよ

今日は

今日は夜勤明けの休みで、なんと明日も休み!

久々の連休を無駄にしないために明日、台北の千と千尋の神隠しの舞台となったと噂の場所について調べていた。

しばらくするとすごいめまいがしてきた。

ああ最近夜勤や昼勤など切り替えで体と心両方が疲れていて頭がおかしくなったに違いない。

ブルーな気持ちになるのと同時に、実は千と千尋の神かくしは台湾ではないという事実を発見し明日行くテンションでは無くなった。

matome.naver.jp

そうしているうちに、ぴゅーぴゅーとものすごい風、雨。

今まさに台風が来ていると、そういうことなんですが、そこでやっと気づいた。ああ、そうか。めまいではなくてホテルが揺れているのかと。

そう、頑丈そうなホテルを揺らすスーパー台風が来ている。

今この文章を書いているうちにも風はますます強くなり、ぎしぎしとホテルが揺れる音がする。

その不規則な風によってホテルが変に揺れるので酔ってきた。

外は横殴りとはまさにこのことだというくらいの暴風雨で、何の気なしに窓枠を見るとヒビが入っている。

そのヒビの下を見ると今ちょうど入ったことを示すヒビのかけらがパラパラと。

どうか建物が壊れませんように・・・

スーパー台風早くどっかいってくれ・・・

眠気を誘ってもらうようにビールを飲んだが、しかし、酔わず、いや別の意味で酔っているのでそうそうに寝ます。

最近の生活について

やっぱり寝られないので最近の生活について誰も興味を持たない話題を続けて書きますが、台湾に来てもうすぐ2ヶ月で、もちろん旅行でなく仕事で来ていて、仕事はほぼ夜勤で、台湾らしいことといえば小籠包を食べたことぐらいです。

小籠包と小籠タンパオがあって、タンパオの方が汁がたくさん入っていて美味しいです。

美味しいことをハオツーといって、そうやって店の人に愛想をまくと店の人も愛想をまいてくれます。

飲み物に対してもハオツーというと訂正されて、ハオフーと言うんだと親切な人が教えてくれます。

食べ物繋がりで、牛肉麺という読み方はニューローメンという食べ物が有りまして、多分名物なんですが、これは個人的感想で言えば、日本のラーメンの方が美味しいです。ハオツーです。

あと他に食べたものといえばコンビニ弁当、もしくはカップラーメンでもう当分そいうったものは食べたくありません。

一週間ずっとレトルトカレーで、もう限界ですと、台湾の人にいってメニューを変えてもらったが、それからは現地弁当が多くなり、これがまた辛い。半分食べられないときもあって、またもや、もう限界ですと言いかけたが、あんまりしゃしゃり出ていろいろ言うのも迷惑かなという遠慮の塊the日本人パワーが出てきてしまい、我慢した。

胸焼けが続き、胃薬を毎日飲みなんとか耐えに耐え、いや毎日は飲んでなかったが、そこは少し盛って毎日として、もうすぐ帰れるのが嬉しいから、明日は少し遠出してやるぞ!って思っていたらこれですよ。台風めばかやろー。自然様が何様だバカヤロー。

本を沢山読みたい。

本を沢山読みたくなった。

理由その1

スマホ

理由その2

自己向上心。

理由その3

何のために生きているんだろう。

 

理由その1・・・スマホ

起きている時間のうち自分がどれだけスマホを触っているかという疑問に対しての答えは、仕事している時間以外はほとんどの時間触っているという答えを持つ。

スマホ中毒の疑いがある。

そのスマホで何を見ているか?ネットニュースの下世話な芸能人情報やエロという自分の有限の人生の中で重要なものはおおよそ調べていない。

(いや、エロは重要だけれども。この場合は見過ぎることを言っている。)

そのくせ調べないといけないことは先延ばしにし、どたばた調べるから大して有用な情報は得られない。

スマホ触ってるなら本読もう。

理由その2・・・自己向上心。

仕事はじめてからおおよそちゃんと本など読んだことがない。取り扱い説明書ぐらい。

自分が停滞している、そう感じる。淀んでいる。

毎日仕事して、疲れて、寝て、また仕事・・・のループにおいて自己向上心を満たすことがなくなった。

はたして、本を読むことが自己向上に繋がるのか?それはわからない。

ただ、何かをしたかった。始めたかった。

理由その3・・・何のために生きているんだろう。

中学生の思春期ごろからずっと心の中にあるこの気持ち。

自分はいったい何のためにいきているんだろう。

いっとき、自分なりに考えて

「理由なんてない。心臓が動いているから生きているだけ。」

と納得したつもりだったが、ふとした時に疑念がまた再燃する。

本を呼んでいけばこの再燃の火を消してくれる何かが見つかるのではないか。

そんな期待を含めて。

 

とにかく。

本を沢山読みたい。

どれくらいか・・・1000冊くらいか?

ジャンル問わず、何でも読もうと思う。

このブログに感想を載せ続けて何年経っても良いから1000冊目まで。

気長にやっていこうと思う。

 

以上

7/24

ご飯
朝はいつものバイキング。デザートのハーゲンダッツがとても美味しい。
昼はコンビニ飯のカツ丼。まあまあ。
カツがイマイチ固くてソースが少ない。
夜はコンビニ弁当のカレー。流石に辛くなってきた…

感謝
綺麗な作業着に感謝します。
綺麗なホテルに感謝します。
簡単にご飯が食べられる環境に感謝します。
順調な仕事に感謝します。

イレギュラー
妻と娘の顔を見れていない。寂しい。
今日の明けになれば時間ができるから電話したいなあ。
毎日一緒にいれる幸せを離れることで感じます。